二人の絆に!婚約指輪の選び方を教えます!

エンゲージリングのの歴史や意味

エンゲージリングは、婚約の証として男性から女性へプレゼントする指輪のことです。この場合に送られるのは「ダイヤモンド」が一般的とされています。由来も古代ギリシャの時代までさかのぼり、無色透明の輝きや、永遠の愛・侵害されることない絆という意味合いとして使われていたことからきています。しかし、婚約指輪は必ず送らなければいけないというわけではありません。しかし一生に一度の本当に特別な贈り物となるため、準備しておくことをオススメします。

一人で選ぶ?それとも一緒に選ぶ?

男性から女性に送る婚約指輪ですが、男性が女性の身に付けるアクセサリーを選ぶことは難しいです。特別なものだからこそ、失敗はできないですよね。そこで、ここは女性の好みを尊重するためにも一緒に指輪を選ぶのもオススメです。コツは、普段のデートのついでに色々とショップに立ち寄ってみるというのが自然です。この「一緒に探しに行く」という出来事も二人にとって良い思い出になります。

ダイヤモンドの品質は大きさよりも重要!

婚約指輪は結婚指輪と異なり、ダイヤモンドが付いていることが多いです。このダイヤモンドも様々なものがあります。もちろん予算の中で選ぶことは大切ですが、ダイヤモンドの品質も考慮しなければなりません。確かに宝石の大きさは目を引く部分でもありますが、ダイヤモンドは「輝き」というものも大変重要です。特に普段から身に付けるものであればなおさら、大きさよりも輝きやカットなどのクオリティを重視することをオススメします。

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれる婚約の証になる指輪のことです。ダイヤモンドをあしらったデザインが主流です。