結婚式の席次表は手作りにチャレンジ!楽しくおしゃれに節約するコツ

席次表などのペーパーアイテムはぜひ手作りで

結婚式には招待状から始まり、メニューカードや席次表などたくさんのペーパーアイテムがあります。当然のことながら、そのアイテムひとつひとつに料金が掛かります。結婚式の料金設定には、招待人数が大きく関わってきます。ひとつひとつの項目の単価と人数を掛けたものの合計が結婚式の料金となるわけですが、少しでも料金を低く抑えたいなら、ペーパーアイテムの手作りをおすすめします。ゲストが自分の席に着くときの案内の役目を果たしてくれる席次表。当日の目次などと一緒に配られるこのアイテムこそぜひ、手作りしたいものです。

席次表を手作りするときのコツ

席次表は、両家のゲストの座席表のようなものです。どこに誰が座れば良いのかわかるように、席の位置に名前が記入されています。基本的に文字入力のみが必要で、テンプレートなどがあればとても簡単に短時間で手作りできます。簡単なのは良いですが、明らかに手作り、という雰囲気になってしまわないように、目次やメニューカードなどの他のペーパーアイテムと色をそろえる、同じマークを入れる、などのひと工夫で手作りならではの素朴さを持ちながらスッキリとおしゃれなデザインの席次表を作ることができます。

手作りアイテムは、親やゲストも喜んでくれる

結婚式に来てくださるゲストの方は、新郎新婦二人のこれまでと未来を祝福してくださる方々です。とりわけ親や家族などは、あなたががんばって作ったことをとても喜んでくれることと思います。友人や職場の仲間も、手作りならではの気遣いや素朴さに心打たれることでしょう。他にはない、自分たちだけのオリジナルでアットホームな結婚式を演出するためにも、ぜひ席次表の手作りにチャレンジしてみてください。

結婚式の席次表には一定のルールがあります。一般的に会社関係の主賓を高砂席に近い場所に、両親や親戚は後方席に席を設けるのがマナーです。